ネコちゃんの健康

キャットフードを考えよう
出典 (モグニャン / キャットフード通販サイト

しっかり愛するネコちゃんのことを考えてくれているキャットフードなら、わざわざ食いつきを良くする成分が入っている必要はなく、素材だけでネコちゃんが充分食いついてくれるものと考えてください。つまりそのような原材料を入れるということは、そこまでしなければ駄目だということです。そのようなキャットフードをいろいろスーパーマーケットで買えるというのに敢えて選択しなければならない理由はなんなのでしょうか。

保存料や着色料、酸化防止剤などについても考える必要があります。そのようなものが入っているから、キャットフードはリーズナブルな価格で購入することが出来、長持ちするかもしれません。家計に優しいからつい飼い主さんは飛びついてしまうかもしれないですよね。 でも、そのようなキャットフードをネコちゃんに与えて、ネコちゃんが受ける影響について考えてあげてください。

保存料や酸化防止剤はネコちゃんにとってそれ程問題はないと思っている人たちもいるようですが、ネコちゃんにとっても、それは毒であり、いいキャットフードとは絶対に言うことは出来ません

そのようないろいろなことを考えると、飼い主さんはやっぱり愛するネコちゃんに対して「無添加のキャットフード」を選択するのがいいのかもしれません。

危険なフード

ネコちゃんのキャットフードのパッケージ裏にある原材料の表には、肉類、穀物類、野菜類、ビタミン類、添加物と言った表記があるでしょう。飼い主さんは、ここで、肉類、穀物類、野菜類、ビタミン類、添加物の中から、「肉類」と「添加物」に注目をしてください。

まず肉類で注意をしなければならないこととして、副産物、ミール、パウダー、粉と表記されているキャットフードは飼い主さんは絶対に選択すべきではありません。 つまりそれが、人間が食べることが出来ない肉を溶かしたりして出来上がったものだからなのです。 その肉は実際に薬殺処分や病気などによって死亡した家畜ということも大いにあり得ることです。飼い主さんのみなさんは、薬殺処分や病気などによって死亡した家畜のものですよと言われて、果たしてそのキャットフードをお買いになるでしょうか……。ズバリ、それは、身体に取り入れるのには全然望ましくないものばかりです。

更に添加物にも注意しなければならないのは、その中には、香料や塩と言ったものが含まれていて、キャットフードには実際に香料や塩は必要ないからです。 しっかりとネコちゃんのために作られたキャットフードなら、香料や塩を添加しないでも、ネコちゃんにとって充分なキャットフードです。

猫のためのフード

飼い主さんは、ネコちゃんに、キャットフードを与えておけばOKというモチベーションは、決して正しい訳ではありません。それでは猫に対しての愛情が欠けているのではないでしょうか……。

ネコちゃんを飼う資格など存在していないのかもしれません。愛するネコちゃんに対して、どのようなキャットフードを与えればいいかということをここで真剣に考えてみましょう。 みなさんは、ネコちゃんに対して、危険なキャットフードを与えているということはないでしょうか。

果たして、危険なキャットフードとはどのようなキャットフードのことでしょうか。現在、ネコちゃんのキャットフードも、ペットショップやスーパーマーケットで、いろいろ売っているので、なかなか判断が難しいのかもしれません。その中にも危険なキャットフードは販売されているのでしょうか。

キャットフードの中には、人間の食品には絶対に使用出来ないような原材料が多く含まれるものも中にはあります。そのようなキャットフードをネコちゃんが食べてすぐに死んでしまうということではありませんが、下痢や嘔吐など起こす可能性も高く、下痢や嘔吐の他にも重大な病気になってしまう可能性があります。

飼い主さんが、キャットフードを購入するためにしなければならないのは、キャットフードのパッケージ裏にある原材料の表をチェックしてみることです。そして飼い主さんはネコちゃんのためにしっかり見分けるためのノウハウが必要です。